2014年

12月

09日

-020.『イギリス光景』がワークショップになりました。

イギリス生活も早8年目が過ぎ去ろうとしています。
最近、わたしがこの地で暮らし生きる事になったのには、何か大切な意味があるのではないか?
と考えるようになりました。身の回りに起こる出来事や出会いというのには全て意味があるのだと思うように。
「はて、この状況は今私に何を教えてくれているんだろう?」全ての出来事をそんな風に捉えるようになりました。
全ては偶然ではなく必然。
そう思うと焦ったり、がっかりしたり、ムキキっとなることも少なくなってきた今日この頃です。

わたしの「イギリス」


上記のテーマで先日アートコラージュワークショップを開催しました。
これまで撮りためてきたイギリスの日常をきりとった写真の数々を、素材として提供。
写真に加え100年以上も前の時代を経たイギリスのアンティーク紙素材などもご用意しました。
それらを思う存分使用して参加された皆さん思い思いのイギリスをコラージュ。

嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、そんな風に浮いたり沈んだりするのが人生ですが、
イギリス生活での経験があるから今のわたしがいてあなたがいる。
忙しい日常生活、近すぎるものにはなかなか目を向けられないもの。
自然や光、花、空、歴史ある建物etc…。
ふと目を凝らしてみると、わたしたちの身の回りにはかわいいや素敵がいっぱい。
この8年間、日常に散りばめられた幸福感や切ない気持ち、誰もの心の中に潜む宝物のような
ノスタルジックで美しいイギリス光景を写真に収めることで自身も癒されてきました。
言葉にはできないけれど明らかにそれが好きで、好みのモノや風景に出くわすとドキドキとするあの気持。
そんなエネルギーが原動力となり日々のカケラを記録しています。

コラージュ制作をすることは、例えばその人の中の淡い記憶のカケラを集めてつなぎとめる作業のようなもの。
忙しく時には脆い心が一時でも安定し、自由に表現する時間に没頭する事でストレス発散になったりも。
自己を肯定し、心の中にある美しい記憶を引き出しながら明日への活力となるような自分だけの特別な「イギリス」を制作。
自身で創り上げたコラージュの中には驚くほどの「今の自分」へのメッセージが現れるのも面白い点です。
ほとんどの方が初めてのコラージュ体験でしたが真剣にデザインに取り組まれ熱中し、
皆さんそれぞれの「イギリス光景」、素晴らしい作品の数々が完成しました。
あたたかく熱くクリエイティブなとても良い時間を共有することができました。

出来上がった作品をカラーコピーすればこのようなラッピングペーパーにもなります。
これからのギフトシーズンに大活躍!世界にひとつだけのオリジナルデザインです。

わたし自身これからもイギリスの歴史や文化に触れながら
今ここにいる自分、
この目で見た光や空気、
通り抜けていく風の感じ、
そんな思いを作品に残してしていきたいと思っています。

次回はフローリストの方とのコラボレートで『イギリスの庭』をテーマにワークショップを開催予定です。
アートコラージュと自然の調和。これまでにないような作品創りを目指しただ今準備中。
今後もクリエイティブなものづくりの空間を提供して楽しく夢中になれるような時間を共有し、
心の片隅にほんのりと残っていくような作品創りのお手伝いをしていきたいなと思っています!


※ワークショップについての日程詳細など以下アドレスまでお気軽にお問い合わせください。
masaelamsdale@mac.com

column by Masae Lamsdale/ラムズデール 昌栄


グラフィックデザイナー/1973年広島県生まれ


都内デザイン事務所勤務を経て2000年より独立、現在はイギリス在住

イギリスのデザインやヴィンテージにインスパイアされ

写真やアンティーク素材を使用し、独自のコラージュ制作などモノづくりのプロジェクトを進行

東京のジュエリーブランドとのコラボレートによるプロダクトも展開中
masaelamsdale.com