2014年

7月

17日

-001.C'est pas de la tarte.

Profil

Illustrateur français, né le 03 juin 1973 à Mulhouse. Habite BORDEAUX depuis 10 ans. ans les années 90, il fréquente l'Atelier du peintre Raul BUSTAMANTE à Fribourg en Breisgau. S'en suit une rencontre décisive, avec Bernhard KUNKLER, qui l'ouvrira au monde de l'illustration.

 

Depuis 2012, membre de T.C.C ( TRACK CREATOR'S CIRCLE), son activité est connue principalement au Japon. damik● essine des scènes de vie privllégiant l'observation. L'encre de chine et les crayonnés sur le vif le caractérisent. La rareté des retouches et l'absence de croquis préalable sont sa signature.

はじめまして damik●です。

僕はフランス人クリエーターそしてイラストレーター。

ボルドー在住、3歳の女の子のパパ。

 

毎日の生活シーンには見逃せない価値ある瞬間が存在する。そんな瞬間を僕はデッサンでキャッチ。

それは詩や音楽のようなもの、言葉では伝えきれない事を表現するコミュニケーションツール。現実は時折フィクションよりも面白い。美しいものは僕たちに発見の喜びとサプライズをもたらしてくれる。今日ここで僕の望む事は絵を通して子供達とそれを共有する事。

 

C'est pas de la tarte.

 

フランス語で「C'est pas de la tarte」とは直訳はタルトではない、口語表現で「容易ではない」という意味で使われる。

 

毎週日曜日は家族でボルドーで一番大きい市場カプサンに出かける。場内は新鮮な野菜や果物、肉、魚そして牡蠣バーのようなスタンドーバーで埋め尽くされ、雑踏の中を客は籐の籠をぶつけ合いながらわさわさと交差していく。売る人、買う人、値切る人、おしゃべりする人、切る人、運ぶ人、食べる人、飲む人、人間臭くて活気ある光景だ。とはいえ人ごみの苦手な僕は妻に買い物は任せ、3歳の長女Likaを連れて場内のクレープ(ガレット)屋に向かうのが恒例。そして毎週違った味を試すのも父娘の密かな楽しみなのだ。「CREP’MAT」はクレープ(ガレット)の本場ブルターニュ地方出身の店主マチューさんのお店。実はマチューさん、耳がほとんど聞こえず、そのためしゃべる事もままならない。左手は麻痺状態なのでほとんど使えないいわゆる障害者。それでも注文を受けてはてきぱきと右手だけでクレープをやく姿は頼もしい。時たま同じ障害を持つ友人達がヘルプに入るが、基本は一人で切り盛り。僕はその様子をいつもLikaと一緒に眺めている。

 

でも確かに、客としては「CREP’MAT」でクレープを頼むのは、まさしく冒頭の「C'est pas de la tarte」容易ではない。始めは身振り手振りで注文していたが、ある日気がついた。上方に手話のイラスト付き注文メニューが吊り下げられていたのだ。ボンジュール、ガレット、クレープ、シードル、ワイン、カフェ、紅茶、メルシーまでの伝達方法がわかりやすいイラストと共に記されていた。つまりお客に手話で注文してもらうというものだ。

 

僕が絵を描いていると興味深げに覗きにきたマチューさん。「自分は昔グラフィックデザイナーだった」と僕のノートに。

なるほど、手話付きメニューがお洒落な訳だ。ジェスチャーを交えつつ会話を続ける僕。そんなやり取りには全く興味を示さずに黙々と本日のクレープ、自家製チョコレートクレープに集中するLika。彼女にとって彼がハンディーキャップであるという事は何か特別な事でない、ブルターニュ出身の美味しいクレープ屋の主人であると彼女は理解している。僕はそれが何よりも大切な事だと思う。違うのは彼でなく僕たちかもしれないんだし。

Enchanté, je m’appelle damik●

Créateur français vivant à Bordeaux, papa de Lika depuis 4 ans.

 

Chaque jour nous propose des moments à ne pas rater. La beauté du monde se partage intuitivement avec les enfants. Elle est faite de petites découvertes quotidiennes et de surprises choisies. Je vous propose le dessin pour garder trace de ces choses inexplicables et parfois poétiques.

 

C’est pas de la Tarte

 

Chaque dimanche, je rejoins en famille le Marché de Capucins à Bordeaux. Les paniers chargés de poissons, de viandes et de légumes frais s’y croisent toute la matinée.

 

La crêperie bretonne 「CREP’MAT」est devenue un passage obligé pour ma fille et moi. J’abandonne lâchement mon épouse à mi-parcours des courses pour faire une pause dans cet endroit 100% breton.

 

Notre plaisir hebdomadaire est de tenter une nouvelle crêpe ou une galette chaque semaine.

 

「CREP’MAT」c’est la Crêperie de Mathieu - Il n’entend pas comme nous, car il est sourd - Lika et moi aimons beaucoup le regarder faire, ses crêpes et galettes sont réalisées devant les clients de façon très traditionnelle.

 

On pourrait penser que commander une crêpe à Mathieu c’est pas de la Tarte. Heureusement il a tout prévu !  De petites ardoises indiquent les gestes en langue des signes pour savoir dire : Bonjour, Galette, Cidre, Vin…Merci. Les illustrations sont très claires car mathieu a été graphiste avant d’ouvrir sa crêperie.

 

Lika déguste aujourd’hui une crêpe chocolat maison, ça fait toute la difference.

 

damik●


column by damik●

1973年6月3日 フランスアルザス地方に生まれる。1997年、世界で活躍中のドイツ人イラストレーターBernhard Kunkler 氏との出会いをきっかけにイラストレーションの世界に入る。ユネスコ世界遺産指定の都市ボルドーに住んで10年、18世紀の美しいヨーロッパ建築の街を背景に、カフェやビストロ、日々の情景を独自の視点で描き続ける。色彩豊かなクレヨン水彩画よる手法を得意とする。デザイナー、コンセプターとしても活躍するマルチプレイヤー。TRACK CREATOR’S CIRCLE に在籍、日本での活躍の場を広げつつある。

http://damiko.fr